元「くまがい」シェフの、熊谷さんが2年ぶりに千葉に戻ってきてくれました。

くまがいで食べた懐かしのレバー・・・久しぶりに味わうことができましたが、当時よりもパワーアップしているご様子。

店内は、14席ほどのカウンターのみと、キャパが広いとは言えません。

でも、予約をすると、お隣との席の間が空くようにセッティングしてくださるので、窮屈感は感じないため、優雅に焼き鳥を楽しむことができますね。

カウンター席は、隣同士になりますから、デートにもいいですが、気軽な接待としてもオススメ。

3人なら、カウンターのコーナーをおさえてくれることもありますので、相談してみるといいですよ。

スポンサーリンク

おまかせ8本コース(2015年11月)

この日がはじめてなので、コースでお願いしました。

まずは定番。ささみのさび焼き。

image

こちらも定番の金針菜。

image

そして、しっかり火が通っているのにやわらかい、レバー。

image

開いていないハツって、あまりないですよね。

image

ネギマ

image

湯葉が串にささっています。

カリっと焼かれたぼんじり

image

砂肝

image

オマケでいただきました。チーズ

チーズを串で焼くって、すごいですよね。

ドロドロになりそうなのに。カチョカバロのような感じです。

image

ここからは、コースをはずれて追加注文。

えび芋の上にからすみがのっています。

image

そして締めに。2人でシェアしました。

親子丼

image

鶏そぼろ丼

image

このそぼろ丼をいただくと、翌日についつい、自分でも作ってみたくなります。

ひき肉買って帰りましたけど、どんなにがんばっても、味がおいつくはずもなく(笑)

まんまと玉砕して、結局また食べにいってしまうのでした。

土日限定ホロホロ鶏コース(2016年3月)

土日しかない!

しかも数量限定!

と言われれば、そりゃー食べてみたくなるのが人情というものです。

それがホロホロ鶏コース(2人から注文可能)4,000円。

メニューは、以下のとおり。

先付け、山椒焼き、レバー、野菜焼き3種、皮、箸休め2種、胸肉のたたき、はつ、皮付きもも肉、ネギ間、特別仕込み親子丼、鶏スープ。

もう、待ちきれないっ!

順序どおりに写真を掲載します。

どうぞご一緒に、唾液を飲み込まれてください。

いかがですか?

これは行かないとか、ないですよね!

特に、もも。これ。↓。

じっくり遠火で焼いていらっしゃいました。

柔らかくて、ジューシーで、思わず翌日、自宅でマネしてみましたけど、とんでもない!おこがましい!

おうちで再現なんてとてもムリ。

はぁ~、思い出すだけで昇天してしまいそう。

あとレバーですね。

普段のレバーもそれはそれは、たまらない美味しさなのですが

ホロホロ鶏はさらにその上の上の斜め上を行く美味しさです。

最後の親子丼も、ホロホロ鶏のお出汁なんです~。

仕込みしたお出汁は、コラーゲンでプヨンプヨンに固まっていました。

それを冷蔵庫から取り出し、お鍋にほいっと。

そこに投入されていく溶き卵・・・・

あぁ。

こうして書いているだけでも食べたくなってしまう。

さらに、この透き通った鶏スープ。

どうしたらこんなに、濁りのないスープが作れるのか、教えてほしいです(もちろん、企業秘密でしょうけどね)。

ごちそうさまでした!

お店情報

鶏晶(とりしょう)
千葉市中央区長洲1‐24‐1 エスカイア本千葉第一ビル201号
043-306-9646
定休日:月曜
食べログはこちら

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事