みつわ台のトラットリア・アルベロから、菊間さんがいなくなり、もうあのバリトンボイスは聞けないかと思っていたら、2014年7月。新店オープンを聞きつけ、さっそくいってきました。

千葉の穴場中の穴場となること、間違いなしです!

店内は白を基調に、落ち着いています。個室もありますので、接待やランチミーティングにもいいと思います。

スポンサーリンク

ディナーコース「地」

初訪問時は、ディナーコース「地」を注文。

まずは前菜から。

冷続いて、冷製スープ。

待ってました!の肉料理

そして、このトリュフがのっかってるパスタ

口直しに。たしか、セロリ?だったかな。さっぱりしたシャーベットでした。

ここまでが、コース料理の全貌なのですが・・・

「長谷川さん、まだお腹はいりそうですか?」と菊間さん。

はい!とお答えしましたら、コース外に、お肉を追加してくれました。

さらには、ホンビノスのパスタまで。

これで終わりと思ったら、大間違いで、ゴボウのアイス。

ホントにゴボウの味がします。

おまけにもう一皿。いやいやいや、出過ぎだから(笑)

もはやコース料理を2セット食べたぐらいになっていますが、大満足のディナーとなりました。

菊間さんはお元気そうでしたし、あいかわらずのもてなし力に、地獄耳の聴力も健在。

こんなに素敵なお店を千葉に作ってくれてありがとうございます。

ランチコース

ランチにうかがったときも「地」のコースを。

ほかには「桜」のコースがあります。

このときは個室を予約していました。席につくなり、期待感の上がるもてなし。

いわゆるお通しからスタート。どっしりした味の冷製スープです。

でも、ワインも飲んじゃう。

続いて、前菜の5種盛り。私の連れは、前菜だけで満足していました(^^;

そして自家製サリシッチャと筍赤ワイン風味のリゾット。千葉県産のお米を使っています。

もちろんリゾットだけでなく、フェデリーニや手打ちタリアテッレなど、パスタも選べます。

待ってました!のメインは、コースに追加料金でいただける「 八千代黒牛リブロース肉のロースト トリュフソース」です。
一気にクチに押し込みたいところをガマンして、少しずつ切りながら大事にいただきました。

ちなみに・・・ホントは葉野菜が盛り付けられていますが、私が葉野菜をあまり好きでないことをご存じでいらっしゃるので、自動的に出てきません。この仕組は、アンティコジェノベーゼさんでも同様。

最後は、もっちろんの、デザート。

ごちそうさまでした☆

お店情報

リストランテ サクラ
所在地:千葉市中央区本町2-5-5 プライムスクウェア 1F
電話番号:043-306-5587
定休日:月曜
食べログはこちら

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事