モノレールの沿線上、千葉駅と市役所駅の中間地点。

そこにワインバーがあるのは知っていました。

店名は、 ワイン アンド フード スタイル

気になりつつも、常に素通り。

ようやく思い切って訪問したのは、2012年のこと。

「ちーバル」という、千葉の食べ歩きイベントの勢いを借り、たったひとりで乗り込んだのです。

「ちーバル」とは事前にチケットを購入しておき、そのチケットと、ちーバル特別メニューを交換する仕組みです。

Styleさんでは、生ハムとグラスワイン。

「ちーバル」というイベントの主旨からすれば、1店でちょこっと食べて飲んで、街中の飲食店を複数めぐるのが、チケットの本来の使い方なのでしょうが

私はなんと、チケット7枚をすべてStyleさんで使い切り、オープンの15時から実に閉店の24時まで滞在しまして。

まぁそのぐらい気に入ったわけで、ちょこちょこ通い出しました。

そうなった理由、写真をご覧いただくだけでご理解いただけるかと思います!

スポンサーリンク

ワイン アンド フード スタイルさんの店内

ガラス張りの外観なので、通り沿いからの見えていた印象的な照明。近くで見るとなおのことスタイリッシュです。

IMG_4884

壁にはワインのコルクを使ったインテリアが。

IMG_2922

写真にはないのですが、オーナー夫妻が、釣り好きらしく、釣りの小道具もいたるところに飾られています。

カウンター席がおもですが、4人がけのテーブル席も2つあります。

女性が1人でも立ち寄りやすいワインバーですね。

ワインのおつまみを超えた本格的な料理

ワインバーというと、だいたいバーフード的に、チーズの盛り合わせだったり、なんか腹持ちしないようなちょっとしたものばかりの印象ですが、スタイルさんは違います。

奥様が素晴らしい腕をふるってくださって、しっかりいただくことができますよ。

パルマ産プロシュート
切るだけとはいえ(笑)生ハムも立派なお料理です!初訪問の方はマストで。

チーズの盛り合わせ
ワイン好きには欠かせない。もちろんあります。

ヒラメのカルパッチョ
オーナーが釣ってきたヒラメ。歯ごたえしっかり、鮮度バツグンです。

桃の豚肉巻きソテー
まさか桃が豚肉に巻かれるなんて。これはたまりません。

チーズたっぷりのピッツァ

生ハムのピッツァ

栃木県産アスパラガスの温サラダ
写真では伝わりにくいかもしれないけれど、すんごく大きなアスパラガスなのです。

しらこのフリット的なもの
外はカリっと、中はトロっと。

鴨のロースト

飲んじゃうとどうしても食べたくなるパスタ

なんでしょうね、アルコールが入ると、米とか麺とか、食べたくなっちゃうのは。

そんな酒飲みの気持ちを察してか、パスタもどっしり系です。

たまにしかない!黒毛和牛100%ハンバーグ

塊のお肉から作るハンバーグは、黒毛和牛100%。

包丁でミンチにしているのかな、ものすごい、あらびき感。

季節モノなので、いつもあるわけではないです。

あったとしても、限定数が少ないので、もし見かけたら確実にオーダーすること!

中はこんなです。

こちらはチーズのせ。

スタイルさんの場所を確認

なんだか見逃せないお店が軒を連ねていて、あちこちハシゴしたくなる「登戸」に位置します。

16時から飲める、千葉では貴重なお店です。

暗くなるまでの時間を持て余したり、早くからワインを飲んで酔いつぶれてしまいたいときがあったら、思い出してください。

お店情報

Wine&food Style(ワイン アンド フード スタイル)
千葉市中央区登戸1-1-9 YK.BLD 1F
043-241-7339
定休日:日曜日
営業時間:16時~
食べログはこちら

スポンサーリンク
無料メールマガジンあゆめーる

無料メールマガジン あゆめーるは、3のつく日と8のつく日、月に6回の発行です。不定期で発行をお休みすることがあります。

私の30年のビジネス経験や、日々のお客様との関わりの中から得た知恵やネタ、つまり「ビジネスヒント」を、私の視点でお伝えしています。

と言いつつ、読み物として楽しく!を、心がけています。

一番多いのは、日本のドラマから得たネタです。ドラマはネタの宝庫です!

おもに、自分のビジネスをより良くしたい方に向けて、書いていますが、これをしたら売上が上がる! 集客に有効!のような、直接的なノウハウは、得にくいと思います。

それより、自分のことにあてはめたら、この話をどう活かせるのか?

そんなふうに、想像力を働かせてお読みいただくことをオススメします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事