2018年の2月にオープン。

よく「肉バル」と名乗っているくせに、ただの居酒屋だったり、肉料理ほとんどなかったり、そういうだまし討をする飲食店がありますが

こちらは正真正銘の肉バル。それも「牛バル」と名乗るところに、覚悟がかいまみえますよね!

スポンサーリンク

牛バルこじまや千葉店の場所は?

千葉市民になら、すぐに通じるであろう「ナンパ通り」沿いにあります。

通りに面したテラス席には、最大10人が入れますね。

店内は広く、ソファ席や、カップルシートのカウンター席に、半個室など、さまざまな用途で利用できそうです。

ソファ席は、全部で12人。少人数の宴会なら、ソファ席がいいかも。

私が訪問したときは、奥のお部屋に団体さんが2組ぐらい入っていました。30人ぐらいは、いけそうです。

お席について詳しくは、このページに掲載されています。
http://ushibar-chiba.com/table

牛バルこじまや千葉店のお料理

お肉がくるまでの間に。見切れてますが、左からガーリック枝豆、オリーブ、ピクルス。

ちょっとおしゃべりしている間に、お肉が運ばれてきますので、油断禁物!

まずは、牛バル風国産牛タタキ980円。ポン酢でスッキリいただきます。

これはたしか「しんたま」です。しんたまといっても、新玉ねぎじゃありません。

ももの部位にある赤身肉ですね。希少部位です。

こちらは厚切り牛タン。マスタードのきいたソースでいただきます。

ローストビース。ガーリックが効いていて、こちらも美味しかったです。

ラクレットチーズをオススメされたので、オーダーしました。

ただ、火力が弱いのか、すぐにチーズが固まってしまって、スムーズにいただけませんでした。残念。

でも、スタッフさんにそのむね伝えますと、固形燃料を何度か交換してくれて、とても親切でした。

こちらは、牛カツ。

そして、目玉商品らしい、牛バル風 国産牛炙りすき焼き。

炙ったお肉を、すき焼き風に、タレと卵黄をからめていただきます。

しかも、テーブルで炙ってくれます。

最後に、あぶり肉寿司を。2018年4月は、こうして飾り包丁がはいっていましたが

2018年9月に行ったときは、素直な感じ。まぁどっちも美味しかったですけどね!

自家製のポテトチップスもオススメ!かりっと揚がっていて、お酒がすすみます。

これで、少し飲んで、3人で18,000円ぐらい。

まぁまぁのお値段ですね。

4,000円ぐらいで飲み会やろうと思ったら、ちょっと厳しいかも。

満足いく感じなら、おひとり6,000円が目安かなと思います。

宴会用コースは、飲み放題付きで、4,000円から。リーズナブルです。

ただ、お肉がたーくさん、出るわけではないので、あくまでも宴会用。

お肉で満足したい方は、コースではなく、アラカルトをおすすめですね。

全体的に、安定して美味しくいただけました^^

お店情報

牛バルこじまや
千葉市中央区富士見2-14-4 バーニングビル1階A号
043-445-7883
定休日:年末年始
11:00~16:00 ランチタイム
17:00~23:30 ディナータイム
http://ushibar-chiba.com/

スポンサーリンク
無料メールマガジンあゆめーる

無料メールマガジン あゆめーるは、3のつく日と8のつく日、月に6回の発行です。不定期で発行をお休みすることがあります。

私の30年のビジネス経験や、日々のお客様との関わりの中から得た知恵やネタ、つまり「ビジネスヒント」を、私の視点でお伝えしています。

と言いつつ、読み物として楽しく!を、心がけています。

一番多いのは、日本のドラマから得たネタです。ドラマはネタの宝庫です!

おもに、自分のビジネスをより良くしたい方に向けて、書いていますが、これをしたら売上が上がる! 集客に有効!のような、直接的なノウハウは、得にくいと思います。

それより、自分のことにあてはめたら、この話をどう活かせるのか?

そんなふうに、想像力を働かせてお読みいただくことをオススメします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事