こんにちは。長谷川亜由美です。

ある日、都賀駅(西都賀側)をフラっと歩いていたら、とおりの向こうにある見かけない看板が目に入りました。

「 上海小籠館 」(しゃんはいしょうりゅうかん)

中華のお店かな?と、近づいてみると、こんな可愛らしい外観でした。

覗き込むと、魅力的なランチメニューが。

でも、外からは店内の様子も見えないし、はじめてだし、恐る恐るドアをスライドさせて、いざ入店!

そこで提供されたお料理の数々を、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

ランチメニュー

上海小龍館は、中国人のご夫婦が切り盛りする、20人も入ればいっぱいの小さな小さなお店です。

厨房はご主人がひとりで切り盛りしているにもかかわらず、そのメニューの豊富さにはびっくり。

私が一番注文する率が高い黒酢の酢豚セット

ランチセットには、小籠包が2個、スープ、サラダ、ライスにメインのおかず。デザートに杏仁豆腐がついてきます。

小籠包は蒸したてをテーブルに運んでくれて、蒸籠の蓋をあけてくれるときの蒸気がたまりません。

メインの酢豚も、あっさり、さっぱり、なのにしっかりコクがある。

特筆すべきは、デザートの杏仁豆腐。

ツルっとしてない。ねっとりしていて濃厚な味。これはクセになっちゃいます。もっと大きいの食べたいぐらい。

最初のころは、黒酢の酢豚セットしか注文していなかったので、なかなか写真が増えませんでした(^^;

黒酢の酢豚セット、オススメです!

次に、スタンダードなエビチリセット

エビチリが甘すぎず、辛すぎず、ちょうどいいです。

そして、こちらもスタンダードな青椒肉絲セット

回鍋肉(ホイコーロー)セット。

エビマヨ(マスタード入り)セット。

ほかには

白身魚の甘酢あんかけセット
麻婆豆腐セット
ユーシャンナスセット
レバニラセット
小籠包セット

が、あります。

ものによりますが、700円から880円(税別)でいただけますよ。

小籠包セットは、通常2個ついてくる小籠包が6個になって出てくるみたいですが、さすがに小籠包だけでご飯を食べるのは、なんだか物足りない気がしてしまい、いまだにチャレンジしていません。

女性客がけっこう多く、カウンター席もあるので、女性のお一人様にもよく遭遇します(そういう私自身が、お一人様で伺うのですが)。

箸置きのパンダの姿が、何種類もあるみたいで、いくたびに違うのが可愛いです。

では続いて、ディナーメニューにいきますね。

ディナーメニュー

夜は複数人で行って、たくさん頼んでちょっとずつ取り分けていただきたいです。やっぱり一皿の盛りが多めですので、1人で行くには厳しいのですよ。

やっぱり小籠包は頼んじゃいますね。

水餃子8個入り。

焼餃子6個入り。

結局、夜に行っても、黒酢の酢豚を頼んでしまいます。だって美味しいんだもん。

そして、上海チャーハン。エビ、チャーシュー、カマボコ入りです。

強火でパラパラに炒められたチャーハンは、とりわけずに一人で食べてもいいぐらいです。

上海チャーハン、オススメです!

薔薇茶が好きで、よくいただきます。もちろんお酒もありますよ。

夜の杏仁豆腐は、ランチよりも大きめで、満足度が高いです!

ほかにもたくさんあるんだけど、なかなか制覇にいたらないのは、常に同じメニューばかり頼んでしまうせい。だって安定的に美味しいんだもの。

店内も清潔だし、奥さんの一生懸命な接客態度も、応援したくなりますね。

言葉の通じない国で商売をするなんて、それだけですごいですもん!尊敬ものです。

上海小龍館の場所

JR都賀駅、西口から徒歩3分程度。住宅街の中にあります。わざわざ来る価値ありますので、ぜひ都賀まで、足をお運びください。

お店情報

上海小龍館
所在地: 千葉市若葉区西都賀3-6-3
電話番号:043-386-1158
定休日:月曜日、火曜日
営業時間:11時~14時半、17時~22時半
食べログはこちら

スポンサーリンク
無料メールマガジンあゆめーる

無料メールマガジン あゆめーるは、3のつく日と8のつく日、月に6回の発行です。不定期で発行をお休みすることがあります。

私の30年のビジネス経験や、日々のお客様との関わりの中から得た知恵やネタ、つまり「ビジネスヒント」を、私の視点でお伝えしています。

と言いつつ、読み物として楽しく!を、心がけています。

一番多いのは、日本のドラマから得たネタです。ドラマはネタの宝庫です!

おもに、自分のビジネスをより良くしたい方に向けて、書いていますが、これをしたら売上が上がる! 集客に有効!のような、直接的なノウハウは、得にくいと思います。

それより、自分のことにあてはめたら、この話をどう活かせるのか?

そんなふうに、想像力を働かせてお読みいただくことをオススメします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事