たまたま通りかかった、ほっそい路地。

数店の飲食店が狭いところにひしめき合う場所。

そこに、ひときわオシャレ感を醸し出しているのが、スタンドバイミートです。

スタンド・バイ・ミーのもじりですよね、間違いなく!

以前、野毛にある立食い焼き肉「治郎丸」に行ったことがありますが、ついに千葉県にも立食い焼き肉が登場とは、うれしいです。

外壁に貼られているメニューも、そそられますね~!

黒毛和牛のA4~A5ランクって、意味なく美味しそうに感じる!

たいていは、一皿5枚ぐらい入って、2,000円ぐらいじゃないと注文できないような部位が、1枚からオーダーできるなんて、ありがたいサービスです。

スポンサーリンク

店内

立食いなので、席はカウンターのみ。最大で15人が入れます。

焼台は安定のガス。(9台)

素人は、失敗の少ない、ガスが最適ですね。

炭火は焼けムラがおきますので、なかなか上手にやけません。

サングリアを飲みながら

トマトサラダ(390円)で、お肉様の登場を待ちます!

気軽に注文できる特選和牛

初回は5人で訪問。初体験ですので、1人ずつバラバラに頼まず、全員で同じお肉を注文します。

まずは、タン先。130円。

ハラミ。180円。

中落ちカルビ、180円。

シマ腸(テッチャン)120円。奥はコリコリ、80円。

そしてカルビ。180円。

1枚180円ぐらいのお肉が主流の注文で、2杯飲んで、1人1,500円ぐらいですかね。

立食いですので、椅子もないですし、長居せず、サクっと出ていきますから。

ちょっとランクの高い1枚300円以上のお肉

2度目に訪問したときは、ランクアップして、お高めのお肉ばかりを注文してみます。

タン元。300円

リブ芯。300円。

左がイチボ(280円)、左奥がカイノミ(300円)、右がハラミ。

中落ち一本焼き(1,280円)。

自席で焼き上げてから、一度厨房に戻してカットしてもらいます。

この日は、2杯飲んで4,000円ぐらいでした。立ち食いなので、最後のほうは疲れてしまい、もっと食べたいけど退店。そして2軒目に吸い込まれるという、地域活性化の役割も果たす素晴らしいお店です。

ただ、種類がたくさんありすぎて、なかなか制覇しきれません。

またいかなくちゃ!つまり、リピート戦略もカンペキ。

やっぱり1枚ずつ、気軽に食べられるのはいいですね♪

そして、最大級にうれしいのが、完全禁煙であること。

お店の外に灰皿が設置されていました。

やっぱり、お肉をいただくときは、焼き肉から立ち上る煙以外には、いぶされたくないのです。

美味しくいただきたいし、副流煙でガンになりたくないですからね。

お店情報

立食い焼き肉BAL スタンドバイミート
千葉県船橋市本町4-45-15
047-426-3513
営業時間:16時~24時
定休日:月曜日
食べログ:https://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12043764/

スポンサーリンク
無料メールマガジンあゆめーる

無料メールマガジン あゆめーるは、3のつく日と8のつく日、月に6回の発行です。不定期で発行をお休みすることがあります。

私の30年のビジネス経験や、日々のお客様との関わりの中から得た知恵やネタ、つまり「ビジネスヒント」を、私の視点でお伝えしています。

と言いつつ、読み物として楽しく!を、心がけています。

一番多いのは、日本のドラマから得たネタです。ドラマはネタの宝庫です!

おもに、自分のビジネスをより良くしたい方に向けて、書いていますが、これをしたら売上が上がる! 集客に有効!のような、直接的なノウハウは、得にくいと思います。

それより、自分のことにあてはめたら、この話をどう活かせるのか?

そんなふうに、想像力を働かせてお読みいただくことをオススメします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事