2019年5月に更新

いくたびにいつも満席。

予約しても、2時間で退店するのがお約束。

ちょっと細めの路地にある人気焼肉店が、「矢澤」です。

矢澤では、希望すれば、すべてのお肉をスタッフさんが焼いてくださるので、会話に夢中になっても、肉が死亡する心配がなく、心置きなくおしゃべりに集中できます。

だから、おしゃべりな女性にオススメです。

ただし、多人数でいくよりは、2人か3人がちょうどいいですよ。制限時間の関係でゆっくりできないのでね。

上質なお肉をたっぷり食べて、ちょっと飲んで一人1万円以上なので、金額だけ見ればお値段はお高いほうだと思いますが、内容と照らし合わせれば、満足度もその分高いくなることが、ご理解いただけるかと。

では、はじめて矢澤に行く方でも、迷わないように、注文すべきメニューをご紹介しますね。

スポンサーリンク

矢澤で注文するならこれだ!(初心者編)

矢澤で扱っているお肉はすべて、黒毛和牛のA5ランク!

お店のホームページには、次のように記載があります。

当店で扱う素材は、全て熟練の職人が自らの目で吟味し厳選しております。自信を持ってご提供できる最高品質の黒毛和牛のA5等級のみを使用しておりますので、安心してお召し上がり下さい。

http://www.yazawameat.com/tokyo/food_j

まずは「正真正銘のユッケ」というユッケから。こういうメニューです。ネーミングが凝ってますね。

2015-05-02 17.10.08

そして、矢澤のやみつき焼きナムル。ナムルの常識をひっくり返してます。本当にやみつきになります!

2015-05-02 17.35.33

季節によって内容が異なるので、いつ注文しても飽きません。

上カルビに上ハラミ、厚切り極上タンなど、王道の各部位。

2015-01-27 17.15.50
2015-01-27 17.57.23

日替わりで提供される、数量限定の希少部位は、開店と同時に入って注文しないと、たいていなくなります。

こちらはミスジです。

2015-01-27 17.46.43

ほかにも、ザウトン、イチボ、トモサンカク、シンシン、カイノミなども、日によって揃っていますので、なくなるまえにご注文を。

そして、これを食べねば矢澤とは言えない!というのが、サーロインの矢澤焼きです。

はじめは、こんなに薄っぺらいお肉をどうやって食べるのか謎でした。

まずは、動画でスタッフさんのお手並み拝見!

薄切りサーロインを、さっと焼いていただき、

2015-05-02 17.21.20
2015-05-02 17.21.27

薄いお肉が丁寧に折りたたまれ、噛みごたえ充分な厚みが加わったところで

お出汁にとろろ(長芋)と溶き卵が混ざったたれにくぐらせて、一気にツルンといただくのです。

食べるというよりは、飲み込む!

噛み締めてはいけません。飲み込む!

2015-05-02 17.23.04

ほ~ら、眼の前がバラ色になったのではないでしょうか。

そしてこのタレが、何杯でも飲みたいぐらいの美味しさ。

たまりません。

締めには、牛のしぐれ煮がのっかっている、土鍋の矢澤ごはん。

2015-01-27 18.26.53

半分は、このまま混ぜていただき

残りは、ひつまぶしのように、お出汁をかけていただきます。

お腹いっぱい!

とはいえ、別腹デザートもどうぞ。

矢澤で注文するならこれだ!(中級者編)

何度も通うようになっても、初回に食べたメニューが安定感ありすぎのため、なかなかコンフォートゾーンから抜け出せないのが、人間というもの。

しかし。

中級者ともなれば、もはや何を食べても失敗がないことなど、おわかりでしょう。

ぜひ、注文したことのないお肉をかたっぱしから、召し上がってみてください。

それでこそ、矢澤マスターなのです。

ホルモンもさすが矢澤クオリティ。3回はおかわりしたくなる味わいです。

大衆的すぎる!などと言って、毛嫌いしてはダメです。

タンは厚いままが最高!切り落としなんて、もってのほか!

・・・などと毛嫌いせずに、食べなさい食べなさい。上タン切り落としをいただくなんて、通ですぞよ。

で、上級編はないのかって?

ありません。だってまだ私自身が、中級、道半ばですから。

焼肉の登山は果てしないのです。

「矢澤」の予約方法は?

近隣の企業さんがおやすみの、土日が狙い目ですが、予約は必須です。

オンライン予約はこちらから。
https://yoyaku.toreta.in/yakinikuyazawa

お店情報

焼肉 矢澤
東京都中央区八重洲1-5-10 トーイン八重洲ビル 1F
03-3242-2914
定休日:年末年始
営業時間:17時~
食べログはこちら

スポンサーリンク
無料メールマガジンあゆめーる

無料メールマガジン あゆめーるは、3のつく日と8のつく日、月に6回の発行です。不定期で発行をお休みすることがあります。

私の30年のビジネス経験や、日々のお客様との関わりの中から得た知恵やネタ、つまり「ビジネスヒント」を、私の視点でお伝えしています。

と言いつつ、読み物として楽しく!を、心がけています。

一番多いのは、日本のドラマから得たネタです。ドラマはネタの宝庫です!

おもに、自分のビジネスをより良くしたい方に向けて、書いていますが、これをしたら売上が上がる! 集客に有効!のような、直接的なノウハウは、得にくいと思います。

それより、自分のことにあてはめたら、この話をどう活かせるのか?

そんなふうに、想像力を働かせてお読みいただくことをオススメします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事