こんにちは。長谷川亜由美です。

自慢じゃありませんが、私、掃除が苦手です。

自宅の一室をオフィスがわりにして、ひがな一日働いてますので、ある意味主婦業は放棄しました。

最近では、床の掃除はもっぱら、床拭きロボットブラーバにおまかせ。

食器洗いも、私の20年来のパートナーである「食洗機」が、たいていのことはやってくれます。

ですが、この食洗機くん。

どうも苦手分野があるようでして、コーヒーや紅茶特有の、茶渋を落としてくれないんですね。

お恥ずかしいですが、1ヶ月ぐらい放置していますと、こんな感じでして・・・

まぁ私も、放棄したとはいえ主婦のはしくれですから、こんなときは「漂白」をすればいいことぐらいは、知っております。

そのぐらいの知識はあるのです!

でも、漂白剤の代表格であるキッチンハイターって、臭いじゃないですか?

塩素系ですから、ツーンとした臭いで、頭痛をさそいます。

その昔、小学生のころ。夏休みのプールの臭いを思い出しますよ・・・

それに「まぜるな危険」という表示が、恐怖をあおりますし、まかり間違って、うっかり酸性の液体を混ぜてしまったら、意識飛びますしね。

理科の実験でさえも、やったことないんですから

恐ろしくて手出しなどできないわけですよ。

でも、茶渋は落としたい。

だけど、臭いのはイヤ。

そんな、堂々巡りの女心に、終止符をうつときが、ついにやってきたのです!

それがこちら。

過炭酸ナトリウム様でいらっしゃいます。

こちらは、キッチンハイターの「塩素系」に対し、「酸素系」

お湯に、顆粒状の過炭酸ナトリウムを混ぜて溶かし、その中に食器を浸け置くだけという手軽さです。

洗濯物にも使えるし、洗濯槽クリーナーとしても活躍します。

では、実験したものをご紹介しますね。

まず、さきほどの茶渋だらけのマグカップを、ガラスのボウルに入れます。

そして過炭酸ナトリウムを、大さじ1ぐらい。

そこに、沸騰したお湯を注ぎます。

だいたい1リットルぐらい。

これが、お湯を注ぎ終わったときの状態です。ブクブクしてるのがわかるでしょうか。

そうしたら、同量ぐらいのお水を注いで、湯温を40度ぐらいにして

マグカップを適温で入浴させておきます。

のぼせない程度に、30分ぐらいですかねー。

だいたい私は、忘れてそのままにしちゃって、数時間置きっぱなしなんで

お湯もとうの昔に冷めてしまい、マグカップが風邪をひくんじゃないかぐらいまで、放置してますが、6時間以上はだめらしいです。

最後に水ですすいで

こんな感じの仕上がりです!

最初と比べてみてください!

雲泥の差!

これが、めちゃくちゃ気持ちよくて、急須とか、紅茶用のガラスポットとか、ついつい気づいたときに、漂白しちゃうぐらい楽しいんです!

臭くないし!

クセになりますよ、過炭酸ナトリウム。

では、商品の特徴をおさらいです!

過炭酸ナトリウムは、酸素系の漂白剤。

除菌や消臭、漂白に使えます。

(ちなみに、水垢には適しません。水垢には、クエン酸ですよ)

無臭です。

食器だけでなく、洗濯物の漂白や、洗濯槽クリーナーとしても使えます。

40度ぐらいのお湯でとかして、つけおきするだけという手軽さ!(大さじ1杯で、お湯2リットルを目安に)

ただし、次の素材には、使えませんのでご注意を。
・ウールやシルク
・ステンレス以外の金属を含む(ボタンやファスナー)洋服
・水洗いできないもの
・色落ちしやすいもの

また、弱アルカリ性ですので、タンパク質を分解します。直接皮膚にふれるような使い方は、避けてください。

詳しくは、商品に記載の「使用上の注意」を確認してくださいね。

そして、お値段を発表しましょう。

私が使っているものは、ドラッグストアで購入、500グラムで、300円ちょい。

100円ショップにも売ってますが、容量を失念しました。

楽天市場なら、こちらがいいかな。

送料無料で、900グラム、566円です。

マグカップの漂白なら、およそ60回分。

1回あたり、およそ10円です。

10円で得られる幸せって、近頃では、うまい棒ぐらいなものですからね。

ものすごーく、コスパの高い商品だと思いませんか?

家事芸人がオススメのオキシクリーンも、人気のようです。

もちろん、ブランドは違えど、過炭酸ナトリウムは、お近くのスーパーや、ドラッグストア、ホームセンターなどでも入手可能です。

お立ち寄りの際は、ぜひお手にとってみてくださいね!

以上、掃除が苦手な私でもできる、カンタンな漂白方法のご紹介でした~。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事