こんにちは。長谷川亜由美です。

お正月とか、ひな祭りとか、お誕生日とか。

そんな、家族揃ってのプチパーティにオススメなのが

イベリコ豚ローストポークです。

ローストポークって、なんとなく、パサついたお肉のイメージ、ありますよね。

口の中の水分が失われてしまいそうな。

あわてて飲み込まないと、死ぬ~! みたいな。

ところが、私が紹介するローストポークは、真逆です。

しっとりしていて、ゆったりとした時間を味わえます。

あわてて口の中に入れるような、そんなお下品なことをしてはいけません。

ようやく出会えた白馬の王子様との熱い抱擁の時間を、瞬時に終わらせるようなことをしては、ローストポーク王子に失礼なのです。

じっくり、ゆっくり、口の中に入れて味わいます。

その瞬間、あなたは必ず、目を閉じることでしょう。

そして「美味しい」なんて、陳腐なコトバを発することにさえ、恥じらいを覚えるに違いありません。

若き日のファーストキスのような、やわらかな感触に身悶えしてください。

スポンサーリンク

さて、そのローストポークとは?

では、ご紹介しましょう!

イベリコ屋さんのイベリコ豚ローストポークです。

ぐるすぐり

お歳暮としての贈り物にもいいですが、まずはご自分で味わって、その素晴らしさを体感するべきです。

ローストポーク王子様のスペック

内容量:300グラム
発送温度帯:冷凍
部位:豚ロース 販売店:イベリコ豚専門店イベリコ屋
IFFA世界国際ハムコンテスト金メダル受賞

うーん、なんかよくわからないけど、金メダルというコトバに流されてはいけません。

私の評価では、金以上です。プラチナクラスです。

イベリコ豚の中でも、最高ランクとされる「ベジョータ」のさらに上「レアル・ベジョータ」。

これは、イベリコ豚全体の2%しか存在しないのだとか。

希少価値が高いんですね。

ローストポーク王子様のいただきかた

食べてしまうのも恐れ多いのですが・・・

まずは、解凍します。

冷蔵庫に1日いれておけばOK。

そして、薄くスライスして、そのまま目を閉じて・・・昇天!

でもいいのですが、私のオススメの食べ方もやってみてください。

1)王子様ローストポークを薄くスライスします

2)お皿に並べます

3)オリーブオイルをかけます

4)パルメサンチーズをかけます

5)オサレにしたい方は、葉物をプラス

6)わたしは、トマトを添えるだけ

しかし、いつも瞬間的になくなってしまうので、写真がありません。

出来上がり図は、想像してください。

スポンサーリンク
無料メールマガジンあゆめーる

無料メールマガジン あゆめーるは、3のつく日と8のつく日、月に6回の発行です。不定期で発行をお休みすることがあります。

私の30年のビジネス経験や、日々のお客様との関わりの中から得た知恵やネタ、つまり「ビジネスヒント」を、私の視点でお伝えしています。

と言いつつ、読み物として楽しく!を、心がけています。

一番多いのは、日本のドラマから得たネタです。ドラマはネタの宝庫です!

おもに、自分のビジネスをより良くしたい方に向けて、書いていますが、これをしたら売上が上がる! 集客に有効!のような、直接的なノウハウは、得にくいと思います。

それより、自分のことにあてはめたら、この話をどう活かせるのか?

そんなふうに、想像力を働かせてお読みいただくことをオススメします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事