こんにちは。長谷川亜由美です。

2016年4月5日のこと。

45=ヨーコの日!

ヨーコさんをお祝いするために、餃子を405個つくろう!

という、どこまでもこじつけの餃子パーティを行いました。

で、料理をしない私の、唯一得意なメニューが餃子なので、みなさんのために腕をふるいましたよ~。

とっても好評だったので、いい気になってレシピを公開しちゃいます☆

材料 餃子50個分

餃子の皮 小さめ・・・50枚

油・・・適量

A)
豚の薄切りバラ肉・・・200グラム ← ひき肉ではないのでご注意を

キャベツ・・・小さめの半玉ぐらい

にら・・・4分の1束

しょうが、にんにく・・・各2片(チューブだったら、適当に)

ごま油・・・大さじ2

しょうゆ・・・大さじ2

塩・・・小さじ1

片栗粉・・・小さじ2

B)
しそ餃子にしたい場合は、しその葉10枚

スポンサーリンク

準備する器具

フードプロセッサー

ホットプレート(フタ付き) またはフタ付きのフライパン

ボウル

ゴムベラ

スプーン

作り方

1)フードプロセッサーに、「A」と「B」の材料を入れて混ぜます。

「B」しその葉は、お好みで追加してください。苦手な方は「A」だけで。でも、ヨーコの日の会場からは絶賛の嵐でした。

フードプロセッサーの容量によって、 「A」と「B」の材料を 2~3回に分けてくださいね。

フードプロセッサーに材料をいれたら、スイッチオン!

なんですが、ずーっと回しっぱなしにせず、

2秒回して止める、中身をスプーンなどで混ぜて整えるまた2秒回す

みたいに、餅つきの感じでやると失敗しません。

あまり、プロセッサーにかけすぎると(混ぜすぎると)キャベツの歯ごたえがなくなって、水っぽくなり美味しくないです。

シャキシャキ!が残るくらいで。

とにかく、混ぜすぎ危険!

様子みつつ、お肉が全体にからみ、キャベツがそこそこ細かくなればOKです。多少キャベツが大きくても、焼けば一緒。おい。

こんな感じでOKです。

2)混ぜ終わったら、ゴムベラを使って、ボウルにうつします。

3)餃子の皮に包みます。

4)油を薄く塗ったホットプレートで焼きます。フライパンでもいいよ!写真は25個です。

強火で、多少焦げ目ができたら、中火にしてお湯を注ぎます。コップ1杯ぐらい。

水だと、温度が下がってしまうので、お湯がオススメ。

ふたをして、蒸し焼きにし、水が飛んだころにふたを開け、再度強火にしてカリっと仕上げます。

仕上げにごま油をかけると美味しいけど、なくてもOK。

5)できたー!

みんなでおしゃべりしながら包むので、あっという間に405個を食べちゃいました。

フードプロセッサー

私のフードプロセッサーは、Panasonic MK-K78。

上の材料だと、2回で混ぜきる容量です。

すでに生産終了していますので、似たようなのを探しました。

【送料無料】パナソニック フードプロセッサー MK-K61-W レシピ本付き/多機能タイプ 家庭用フードプロセッサー

大根おろしもつくれるし、パン生地も練れるし、ほんっとに便利です!

レシピブックもついてくるので、お料理の幅が広がるかも。

私は餃子にしか使いませんが・・・

冷凍保存する場合の注意点

餃子は、大量につくって、冷凍しておくと、保存食にもなって便利です。

冷凍するときは、必ずバットで!

バットに並べて、30分ほど冷凍室で冷やしたら、ジップロックなどに入れ替えて、冷凍してください。

お皿に並べて冷凍すると、くっついちゃって、はがせませんから。

絶対にバットですよ!(アルミのほうがオススメ)

グローブじゃないからね!

もっと楽しくする方法

さらに、餃子のタネ以外に、こんなのをいれても楽しいです。

・うずらの卵(適当に切って)

・ウインナー(ひとくちサイズをさらに半分に切って)

・チーズ

↓こんなちびっこたちでも、意外とできるんですよ。そしてちびっこには、うずらの卵が大人気!

大のオトナが、餃子で大盛り上がりするのですから、お子さんも絶対楽しいはず。

私たちは、ロシアン餃子と言って、ナマのにんにくをひとつ入れたのもつくりましたが、美味しすぎるとのことで、イタズラにはなりませんでした(涙)

ぜひお試しを!

オマケ。ヨーコの日では、餃子のほかに、たこ焼きもつくりました。

ヨーコの日って、結局なんだったんでしょうね?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事