こんにちは。長谷川亜由美です。

小田順子さんの著書

言いたいことが確実に伝わるメールの書き方』を読みました。

手にとってすぐ
「うわぁ、すごいボリューム!」
と思いました。

読みはじめると、さらにその思いは増し

「小田さん、かゆいところに手が届く本書いちゃったなぁ~」

というのが、正直な感想です。

さまざまな、ケーススタディが盛り込まれているので

ビジネスシーンの文例辞典としても重宝しそうです。

Twitterの投稿などでは

「ビジネスメールって難しい」

「ビジネスメールって、ほんとめんどくさい」

といったものが、けっこう目に付きます。

そうなんですよね、難しいし、めんどうです。

何度も何度もやりとりをしないと、わかってもらえなかったり

メール作成に時間ばかりかかって、疲れ果ててしまったり。

でもそれは、正しいお作法を知らないからです。

かといって、ルールだけ守ればいいかというと、そうでもない。

私が、ビジネスメールにおいて、もっとも大切だと思っているのは

相手への思いやりです。

読む人を無視した書き方をするから

伝わらないし、意思疎通ができないんです。

だから、思いやりをもったうえで、

ちゃんとお作法を守ったメールを書けば

「ビジネスメールって難しい」

「ビジネスメールって、ほんとめんどくさい」

こういった悩みは、ほぼ解決できるので

毛嫌いせずに、チャレンジしてみてほしいですね。

スポンサーリンク
無料メールマガジンあゆめーる

無料メールマガジン あゆめーるは、3のつく日と8のつく日、月に6回の発行です。不定期で発行をお休みすることがあります。

私の30年のビジネス経験や、日々のお客様との関わりの中から得た知恵やネタ、つまり「ビジネスヒント」を、私の視点でお伝えしています。

と言いつつ、読み物として楽しく!を、心がけています。

一番多いのは、日本のドラマから得たネタです。ドラマはネタの宝庫です!

おもに、自分のビジネスをより良くしたい方に向けて、書いていますが、これをしたら売上が上がる! 集客に有効!のような、直接的なノウハウは、得にくいと思います。

それより、自分のことにあてはめたら、この話をどう活かせるのか?

そんなふうに、想像力を働かせてお読みいただくことをオススメします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事