こんにちは。長谷川亜由美です。

そろそろ、暦を手にして、新しい年のあれこれを想像する時期ではないでしょうか。

とはいえ、いつでも暦を持ち歩くわけにはいかないですよね。ジャマだし・・・

いまの時代、外出先なら、スマホで確認できるのがベスト。

そこで、Googleカレンダーにサクっとインポートできるファイルを作成しました。

よかったら、ご利用ください。

令和三年神宮館高島暦とは

これです! こちらをご購入ください。

神宮館高島暦(令和3年) [ 神宮館編集部 ]

Googleカレンダー用のデータファイルは、お手元に 『令和三年神宮館高島暦』 を置いたうえで活用することが前提です。日にちだけわかっても、無意味ですので。

スポンサーリンク

ファイルに入っているもの

独断と偏見で抜き出しました。出典はすべて『令和三年神宮館高島暦』です。

  • 一粒万倍日
  • 天赦日
  • 不成就日
  • 三隣亡
  • 朔(新月)の時刻
  • 望(満月)の時刻
  • 天一天上の期間

さすがに、すべての選日をいれると、Googleカレンダー本来の目的である「スケジュール確認」がしにくくなるため、上記にとどめています。

暦の中断とか下段なんて入れ始めたら、たぶん、大事な約束を見逃すでしょう。 それに、著作権の侵害にもなりかねませんし。

約束ブッチ!なんかしていたら、上がる運も上がりません。

暦を見て運気アップにつなげるどころか、信用をなくしますからね。

そういう意味も含み、データファイルは簡素化しています。あくまでも、個人が個人レベルで使うことを想定しています。

ダウンロードと使い方

ダウンロード

こちらから、icsファイルをダウンロードしてください

操作マニュアルはこちらのページにあります。
https://hasegawa-ayumi.com/ics-import/

ちなみに、二十四節気のみのファイルもあります

二十四節気だけ、独立しているファイルです。

ダウンロード

こちらから、icsファイルをダウンロードしてください

操作マニュアルはこちらのページにあります。
https://hasegawa-ayumi.com/ics-import/

でも、六曜はないの?という方のために

いわゆる大安とか仏滅など、六曜はデータにいれていません。

でも! 安心してください!

履いてますじゃなくて、入ってます!

Googleカレンダーとも連携できるし、デフォルトで六曜も設定されている、便利なカレンダーアプリ「Ucカレンダー」を使えば、解決できるんです。

Ucカレンダーを使うと、Googleカレンダーのアプリには戻れません。

無料版をご紹介しておきますが、有料のほうが格段に使いやすいですよ。ダウンロードしてから、アプリ内でバージョンアップ可能(250円)です。

iPhoneでのマニュアルも紹介しておきますね。

電子書籍派のあなたには

『令和三年神宮館高島暦』 は、楽天Koboでも読めますよ! 見やすいかどうかは、わかりません。

もちろん、Kindleにもあります。

やっぱり紙でペラペラめくって確認したい方は、冊子版を買いましょう! 

神宮館高島暦(令和3年) [ 神宮館編集部 ]  A5版286ページ  2,310円

もっと薄くてもいい方は、こちら↓をどうぞ。

神宮館開運暦(令和3年) [ 神宮館編集部 ] A5版221ページ 1,650円

さらに薄いのもある!

神宮館運勢暦(令和3年) [ 神宮館編集部 ] A5版159ページ 1,210円

暦初心者の方には、上記の「運勢歴(1,210円)」がオススメ。

ただし、分厚くなればなるほど、毎日の「占い」も見れて、それはそれでおもしろいです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事