こんにちは。長谷川亜由美です。

かつて、新入社員研修の講師を担当していたものとして、これだけは言いたい!

新入社員諸君!

きみたちがいますぐに覚えなければいけないのは、このコトバだ!

スポンサーリンク

1)なるはや

先輩に「なるはやで頼むよ」と言われても、「は? なるはやとは?」などと聞き返してはいけません。

なるべくはやく=なるはや

です。

なるはやで覚えましょうね。

2)午後イチ、午後ニ、ヒルイチ

業界によっては、午後サンなどというのもありますが「午後1番」「昼1番」は、昼食を誰よりも早く食べ終わり、1番になることではありません。

昼休憩が終わってすぐ! と覚えましょう。

おおむね13時をさしますが、会社によって違います。

時計には「午後イチ」と書いていないので、注意しましょう。

3)ちょっと体借りれる?

鵜呑みにして、その場で服を脱いだりしてはいけません。

セクハラで訴えられます。

「手伝って」という意味ですので、お忘れなきよう。

4)カレンダーどおり

会社の前の通りを「カレンダー通り」というわけではないです。

カレンダーどおりとは、カレンダーが赤いところは休み、黒いところは働け、そんな感じです。

5)ざっくり

おおざっぱに、だいたいこんな感じで、おおまかに

などの意味です。

以上、いますぐ覚えて欲しい、新入社員のための、タメになる日本語講座を、ざっくりお伝えいたしました。

もっと知りたい方は、糸井重里さんの『オトナ語の謎。 (新潮文庫)』を買うか

こっちのサイトを見てみましょう。

オトナ語の謎。
http://www.1101.com/otona/

ちなみに、私が社会人になったとき、もっともわからなかったカタカナ語は

  • モチベーション
  • プライオリティ
  • ペンディング

でした。

スポンサーリンク
無料メールマガジンあゆめーる

無料メールマガジン あゆめーるは、3のつく日と8のつく日、月に6回の発行です。不定期で発行をお休みすることがあります。

私の30年のビジネス経験や、日々のお客様との関わりの中から得た知恵やネタ、つまり「ビジネスヒント」を、私の視点でお伝えしています。

と言いつつ、読み物として楽しく!を、心がけています。

一番多いのは、日本のドラマから得たネタです。ドラマはネタの宝庫です!

おもに、自分のビジネスをより良くしたい方に向けて、書いていますが、これをしたら売上が上がる! 集客に有効!のような、直接的なノウハウは、得にくいと思います。

それより、自分のことにあてはめたら、この話をどう活かせるのか?

そんなふうに、想像力を働かせてお読みいただくことをオススメします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事