こんにちは。長谷川亜由美です。

見積もり依頼のメール送ったのになぁ。

ぜんぜん返事こないけど・・・

まさか、シカト!?

いや、そんなわけないよね・・・・

でも、もう待てないし、ちょっと催促メールでもしてみようか。

はい! ちょっと待った!

いきなり催促してはいけません。

今日は、催促する前に確認すべきことと、先方への確認方法についてご紹介しますね。

まず、そのメール、本当に送信していますか?

そんなバカな、とお思いのあなた。

バカにしちゃぁいけません。

送っていないことだって、あるんですよ。

待ってるのに返事が来ない。

そんなときは、次のことを確認してみましょう。

スポンサーリンク

1)本当に送信したか、確認する。

実は送信したつもりになっていて、下書きのままになっていませんか?

送っているかもしれないけど、そのメールの送信先は、本当に正しいですか?

自分の思い込みということもあります。

まずは、本当に送信したか?を、確認です。

2)相手のメールボックスで、迷惑メールになるような要因はないか、確認する

・ファイルサイズの大きな添付ファイルをつけている
・件名を入れ忘れた、または件名が英語になっている
・機種依存文字や、半角カタカナなどを入力している

もし、宛先が正しくて、確実に送信していたとしても、上記のいずれかひとつでも該当する場合は、相手に届いていないかもしれません。

しかし、相手が受け取ったかどうかがわかる方法は、残念ながらないですね。

そんなときは、さぁ、どうしましょう?

先方への確認方法

私は、まず、電話しちゃうと思います。

「●月●日に送ったメールなんですけど、届いてますか?」

と。

これが一番てっとりばやいです。

もし、メールを再送しても、また返事がなかったら、さらにストレスがたまります。

メールでなんでも片づけないで、電話も併用しましょう。

コミュニケーションは、その密度よりも、回数のほうが重要だと、私は考えています。

たった1度、長時間過ごした相手よりも、1時間を毎月とか、5分を毎日繰り返した相手のほうが、信頼関係は築きやすいと思うんです。

信頼関係が築けた間柄なら、催促されたって、不快な思いはしないです。

とはいえ、そんなにコミュニケーションも、まだとれていなくて、どうしてもメールじゃないと、みたいな場面もあるでしょう。

私でしたら、このように書きます。

詳細は省略しますね。

いつもお世話になっております。
長谷川亜由美です。

●●の件について、●月●日にメールを送っておりますが、ご覧くださいましたでしょうか。

いつも素早くご返事くださるので、もしかして、お届けできていないのではないかと、心配になりました。

重複するかもしれませんが、念のため、以下に再掲いたします。

たいへん恐れ入りますが、ご覧のうえ、●日までにご回答くださいますでしょうか。

もし、すでにご返事いただいているようでしたら、私の見落としですので、お手数ですが再送していただけると助かります。

お忙しいところごめんどうおかけして恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

(と書いたうえで、この下に、前回送ったメールをコピーして貼り付けます)

返事が届いていないことで、あなたはいま、心配なのですよね。

心配な気持ちを伝えることは、失礼にはあたりません。

これなら「まだですか?」と、露骨に書かずにすみますよ。

このメールを送っても、それでもなお、ご返事がないようでしたら、電話をしてしまったほうがいいですね。

ビジネスメールは、LINEやチャットと違って、めんどうなことが多いですが

ルールさえ覚えれば簡単です。

まずは書籍で、ひととおりのルールを確認してみませんか?

伝わるメール術 だれも教えてくれなかったビジネスメールの正しい書き [ 平野友朗 ] 誰も教えてくれなかったビジネスメールの書き方・送り方 仕事が驚くほど楽しくなる“メール・テクニック” (スーパー・ラーニング) [ 平野友朗 ]
スポンサーリンク
無料メールマガジンあゆめーる

無料メールマガジン あゆめーるは、3のつく日と8のつく日、月に6回の発行です。不定期で発行をお休みすることがあります。

私の30年のビジネス経験や、日々のお客様との関わりの中から得た知恵やネタ、つまり「ビジネスヒント」を、私の視点でお伝えしています。

と言いつつ、読み物として楽しく!を、心がけています。

一番多いのは、日本のドラマから得たネタです。ドラマはネタの宝庫です!

おもに、自分のビジネスをより良くしたい方に向けて、書いていますが、これをしたら売上が上がる! 集客に有効!のような、直接的なノウハウは、得にくいと思います。

それより、自分のことにあてはめたら、この話をどう活かせるのか?

そんなふうに、想像力を働かせてお読みいただくことをオススメします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事