こんにちは。長谷川亜由美です。

またまた、コンビニのレジで聞いてしまいました。

「お返しのほうが105円のお返しになります」

なぜこんなにも、誤った接客トークがはびこるのでしょうか。

まず「お返しのほう」の「ほう」は、不要です。

「ほう」というのは、方角を示したり、いくつかある中のひとつ、という意味合いのときに使います。

例:南のほうです。東のほうです。

例:あそこに並んでいるのより、こっちのほうが好きですね。

次に「お返しになります」の「なります」がNGです。

「なる」とは、成長してなにかに「なる」というときに使います。

例:来年で、20歳になります。

ですから「こちら、ハンバーグになります」とは

いつか、ハンバーグに成長しますよ、という意味になってしまいます。

残念ながら、丁寧なつもりで言っている「なります」は、敬語として成立していません。

アナウンサーの方でも、最近多いですね、なりますを使う方。

「こちらは、事件の起きた●●ビルの前になります」とか。

基本的に「です」でOKで

丁寧にしたいなら「ございます」を、使えばいいんです。

つまり、「お返しのほうが105円のお返しになります」を、もっとシンプルな敬語にしてみると・・・

105円のお返しです。

105円をお返しします。

お釣りは105円でございます。

これでOK! ということです。

スッキリしていて、わかりやすいですよね。

スポンサーリンク
無料メールマガジンあゆめーる

無料メールマガジン あゆめーるは、3のつく日と8のつく日、月に6回の発行です。不定期で発行をお休みすることがあります。

私の30年のビジネス経験や、日々のお客様との関わりの中から得た知恵やネタ、つまり「ビジネスヒント」を、私の視点でお伝えしています。

と言いつつ、読み物として楽しく!を、心がけています。

一番多いのは、日本のドラマから得たネタです。ドラマはネタの宝庫です!

おもに、自分のビジネスをより良くしたい方に向けて、書いていますが、これをしたら売上が上がる! 集客に有効!のような、直接的なノウハウは、得にくいと思います。

それより、自分のことにあてはめたら、この話をどう活かせるのか?

そんなふうに、想像力を働かせてお読みいただくことをオススメします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事