こんにちは。長谷川亜由美です。

とあるファーストフード店の外壁に、こんな掲示物がありました。

壁が崩れる可能性があるので、壁際を歩かないようにしてください。

気になる・・・気になりすぎます。

まずひとつめの気になる点

もし、こう書くにしても

壁が崩れる可能性があるので、壁際を歩かないようにしてください。

壁が崩れる可能性 → 壁が崩れる恐れ

にしてほしいです。

●好都合・プラス方向にかかわるもの
~~の見込み
~~の可能性
~~のチャンス

●不都合・マイナス方向にかかわるもの
~~の恐れ
~~の危険性
~~の疑い
~~の懸念

ふたつめの気になる点

危険なことなのに、なんで、こんなに悠長に書いているのでしょうか。

壁が崩れる可能性があるので、壁際を歩かないようにしてください。

読んでいる間に、壁が崩れてしまうことでしょう。

危険を知らせるときは、こうです。

離れろ! 危険!

とか

壁が崩れます! 注意!

など。

いまは、赤い字で書きましたが、注意をひきつけるのですから、踏切の配色にならって、黒地に黄色文字 なら、なおいいです。

一語一句をバカ丁寧に読ませることより、瞬時に危険が伝わるかどうかのほうが、大事です。

スポンサーリンク
無料メールマガジンあゆめーる

無料メールマガジン あゆめーるは、3のつく日と8のつく日、月に6回の発行です。不定期で発行をお休みすることがあります。

私の30年のビジネス経験や、日々のお客様との関わりの中から得た知恵やネタ、つまり「ビジネスヒント」を、私の視点でお伝えしています。

と言いつつ、読み物として楽しく!を、心がけています。

一番多いのは、日本のドラマから得たネタです。ドラマはネタの宝庫です!

おもに、自分のビジネスをより良くしたい方に向けて、書いていますが、これをしたら売上が上がる! 集客に有効!のような、直接的なノウハウは、得にくいと思います。

それより、自分のことにあてはめたら、この話をどう活かせるのか?

そんなふうに、想像力を働かせてお読みいただくことをオススメします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事