【メールの書き方】意外と知られていないメールで使えない文字

シェアする

こんにちは。長谷川亜由美です。
次のような文字を、メールで使ったことは、ありませんか?

これらは、機種依存文字(環境依存文字)と言って
私のPCでは正しく読めても、あなたのPCでは違う文字になってしまう文字たちのこと。
Windows同士では、大丈夫なので、気づかないことも多いのでは?
たとえば、丸数字が書いてあるメールの本文を、iPhoneで読むと、こう見えます。

ケータイ慣れしている方の場合、半角カタカナも、普通に使っちゃうと思いますが
それも、機種依存文字なので、読めない方がいることもあります。
でもね、使っちゃいけないなら、パソコンが変換させなきゃいいのに、と思いますよ。
出てくるものを使って、なにがいけないのよ、と。
さらに困るのは、人名ですね。
たとえば、次のような文字は、機種依存文字なので
メールで使用してはいけないとされています。

たかはしさんとか、やまざきさんとか、困りますよね。
いくら機種依存文字だからといって、代替の文字でメールをお送りするのも
なんだか、気がひけます。
そうは言っても、読めない人もいるんだ、ということで理解していただき
機種依存文字の利用は、控えましょう。
それが、メールのマナーです。
こんなツールも役に立ちますよ。
機種依存文字チェッカー
http://www.submit.ne.jp/tool/uniquechar/check.html
誤解のないように付け加えますと
機種依存文字(環境依存文字)は、メールだけではなく
ホームページでも、使わないのがマナーです。
★告知★
メールマナーを本格的に学んだことがない方へ
マンツーマンレッスン実施中
http://hasegawa-ayumi.com/e3163935.html

シェアする

フォローする