インストラクターが、正しいことを伝える前に持っておきたいチカラとは

こんにちは。長谷川亜由美です。

今夜は、パソコンスクールを開業していた当時の、私の経験談をひとつ。

なにを「正」とし、自身の羅針盤にするかは、人それぞれです。当然です。

ある人にとっては、テキストに掲載してあることが正しく

また、ある人にとっては、それまでの自分の知識が正しい。

だからこそ、インストラクターは

自分の「正」を押しつけてはいけません。

たとえば、キーボードの操作。

入力した文字を、カタカナにする方法は、いくつかあります。

もし、受講生が、テキストと違う方法をとっていても

無理やりテキストに掲載されている方法に、直させる必要はないと、私は考えています。

そのかわり「こんな方法もありますよ」と、アナウンスする。

ときには、この方には不要な情報だ、と判断すれば

アナウンスすらしない。

受講生ひとりひとりを、よく見ていないと

即座に判断はできません。

授業の場で求められているのは、必ずしも「正しいこと」ばかりではなく

受講生の本来の目的を、達成できるかどうかだと思うんです。

みなさん、ただパソコン操作を上達させたくて通っているわけではなく

パソコン操作を上達させたい理由があるから、通っているわけです。

検定に合格したいのなら、検定を主催している会社が推奨している操作方法を、正しく指導する必要がありますが

もし、お孫さんとメールのやりとりをしたいことが、最終目標なら

多少、たどたどしくたって、その方がやりやすい入力方法をご指導します。

PCインストラクターに、技術だけが求められている時代は、とうの昔に過ぎました。

期待を上回る満足感を、どうしたら得ていただけるか。

そのことを真剣に考えれば、正しいことだけがすべてじゃないと、わかると思います。

これからインストラクターになりたい方には、場を読むチカラが、もっとも求められるかもしれません。

無料メールマガジン あゆめーる

シェアする

フォローする