言葉の使い方を変えるとなにが起きるか?

シェアする

こんにちは。長谷川亜由美です。
ふだん、なにげなく使っている言葉。
言葉選びには、その人の思考が、色濃く反映されると感じています。
たとえば、「客がさぁ~」
みたいに言う方は、お客様のことをあまり大事に思っていないように聞こえます。
「とれると思ってた仕事がとれなくてさぁ~」
なんていうのも、お仕事に対する感謝の気持ちが欠けているみたい。
「1万円もとられたよ」
っていうのは、払いたくなかったのに払ったように聞こえます。
「お客様」のことを、客、お客、お客さん と、言わないようにしているのは
わたしの小さなこだわりです。
そう呼ぶだけで、お客様に対する感謝の気持ちが
より大きくなるような気がするんですよね。
だから、ちょっとめんどうでも「集客ノウハウ」ではなく
「お客様にすすんできていただく方法」なんて、表現することもあります。
自分を変えたい、変わりたいのに変われない。
そんなふうに思っている方は、
まずは、言葉の使い方からかえてみるのも、いいと思いますよ。
あなたの言葉選び、見直してみませんか?

シェアする

フォローする