名刺に関するつまらない常識をとっぱらおう!

こんにちは。長谷川亜由美です。

自分の名刺は、1種類である必要はないんだから、TPOにあわせて数種類持ってもいいんじゃないですか?

・・・と言うと、たいていの人は、口を半びらきにさせながら、目を見開く。

誰が名刺は1種類にしろと決めたのでしょうね?

渡す相手によってかえてもいいし

複数の仕事を持っているなら、仕事ごとに異なる名刺だっていい。

自分のことを、たかだか  91 × 55 ミリの面積に、ぜーんぶ入れ込もうなんて、ムリがあります。

自分の名刺がわかりにくいと思う方は、まずは、情報を詰め込みすぎていないか? その点を見直して

もし、2枚に分けられそうなら、分けてみてもOK。

名刺は、けっこう安く作れますし、なかなか決められないなら、いろいろ作ってテストするといいですよね。

そして、受け取ってくださる方の反応のいいものを残せばいい。

私も、起業したてのころは、何パターンも作り替えました。

いまは、すっかり落ち着いています。

ビスタプリントなら100枚わずか980円!

無料メールマガジン あゆめーる

シェアする

フォローする