【メールの書き方】仕事にならないメール

シェアする

こんにちは。長谷川亜由美です。
仕事上でのメールの役割って、なんだと思いますか?
私が思う、メールで一番大事な役割は
正確な情報を伝達することです。
誤解なく、双方が共通認識を持つこと。
つまり、正確な情報を伝えることができないのであれば、メールする必要性すら薄れます。
正確に情報を伝達するには、いくつかのテクニックがありますが、書き手側にできるカンタンなこととしては
・用件は箇条書きにする
っていうことでしょうね。
一生懸命、伝えたい気持ちばかりが先走り、長文であれこれディテールを加えながら書くよりも、箇条書きで事実関係を簡潔に書いたほうが、よっぽど正確に伝わります。
なぜなら、わかりにくい文章って、読むだけで脳が拒否しちゃうんですよね。
有名な言葉でいうと、脳がNO! というんです。

あーだめだ。もう、お話しにならん!
と思いながら読むメールは、つまり、仕事にもならないんですよ。
心当たりのある方は、ぜひ、箇条書きをおためしください。

シェアする

フォローする