こういう人にも読んで欲しい。前田めぐるさんの『ソーシャルメディアで伝わる文章術 』

スポンサーリンク

こんにちは。長谷川亜由美です。

気になります。この3つ。

職業人が書くとなおさら。

こんにちわ。
こんばんわ。
ww

国語の授業で習わなかったのかしら。

こんにちは、こんばんは が正しいって。

「わ」のほうが親しみやすいとか、誤表記だとわかってて、わざと書いてるとか、そんなことはどうでもいいんです。

だって、気持ち悪いんだもの。私わ。私は。

「はせがわ」を「はせがは」って書かれたら、もっと気持ち悪いけど、普通こんなことしないでしょう?

とくに私が気になるのは「ww」。

笑っているつもりかもしれませんが、嘲笑っているようにしか見えません。

SNS上でのひとりごとや会話の場面なら、100歩ゆずってOKだとしても、ホームページやブログなど、フォーマルな場所で使うには、ふさわしいとは言えないコトバたち。

残念ながら、実物がどうであれ、なんとなく下品に見えてしまいます。

まぁ、下品ブランディングしてるならいいですけどね。

ソーシャルメディアで伝わる文章術 』の著者である、前田めぐるさんも、きっとこんなコトバは使わないはず。

こんにちわ、こんばんわ、ww

こういうの使ってる人は、読みましょう。

自分を文章で伝えることの本当の意味に気がつけるはずです。

無料メールマガジン あゆめーる

シェアする

フォローする