電話応対は売上を左右する!?

スポンサーリンク

こんにちは。長谷川亜由美です。

「電話応対は売上を左右する!?」

はい、左右すると思います!絶対!

丁寧だったかとか、正確だったかとか

ハキハキしていたかとか、つっこめばいくらでもあるでしょうけれど

最大のポイントは

声が笑っているか、どうかじゃないかと思います。

ビジネスマナー研修などで、聞いたことはないでしょうか、笑顔ならぬ「笑声(えごえ)」を。

笑声は、不思議なことに、表情も心も笑っていないと、出せません。

ためしに、怒った顔で、感じよく、発音してみてください。

たぶん、ムリ。

電話にでたときの、声のトーンや、声の表情で

感じがいいかどうかが決まり、よし、ここに頼もう、なんてことは

よーーーく、あると思います。

実際、今朝聞いた話です。

「引っ越し屋さんに、3か所電話をしたけど、たぶん、A社にするとおもう。

金額はきいていないけど、電話の感じが一番よかった」

やっぱり第一印象は、非常に大事ですね。

むっとした感じや、感情のこもっていない声をきくと

さびしいなって、思っちゃいます。

顔が見えないからこそ、相手を思いやる声を出したいですね。

ちょっとしたことに気をつけるだけで、ずいぶん印象が違うと思います。

1.姿勢を正して話す
2.電話の前に鏡をおいて話す
3.電話中は、ほかのことはせず、電話だけに集中する

姿が見えないからって、ダラっとしていると、結局声に出ちゃうんですよね。

気をつけましょう!

無料メールマガジン あゆめーる

シェアする

フォローする