感無量って、どういう意味?

シェアする

こんにちは。はせがわあゆみです。
先日の参議院議員選挙に当選した、谷亮子さんが
インタビュアーから「いまの気持ちは?」と聞かれ
「感無量です」
と、答えていました。
しかし、非常によく耳にする、この「感無量」という言葉で
いったい、なにを表現したいのでしょうか?
辞書によると、こうあります。
感無量  = 感慨無量
はかりきれないほど、感慨が深いこと。
感慨
心に深く感じて、しみじみとした思いになること。
しみじみ
心の底から深く感じるさま。
ということは、はかりきれないほど心の底から深く感じています。とか、いうこと?
うーん、まったくわからない。
ありふれた言葉で(この場合は、感無量)自分の気持ちを表現するのではなく
自分の言葉で、もっとちゃんと、感激の度合いを表現できると思います。
安易に「感無量」という言葉に逃げず
相手に気持ちが伝わる言葉を選びましょう。
ありふれた言葉では、ありふれた気持ちしか、伝わらないと思いますよ。

シェアする

フォローする