曖昧なプロポーズにYesを言えるのか?

シェアする

こんにちは。はせがわあゆみです。
「曖昧(あいまい)」には、「ものごとがはっきりしない」という意味があります。
なんとなく言いたいことはわかるけど
はっきりと意図は汲み取れない・・・
でもなんとなく、わかる気もするかも・・・
といったように、はっきり、すっきり、すっぱりとしないので
読んでいても、気持ちがわるかったり
受け取る人にとって、とらえかたが違ったりするのが特徴だと思います。
たとえば、プロポーズをされるときに
「結婚したいといえばしたいけど、そうでもないかもしれないし
 まぁあえて言えばしたい的な」
なんて言われたら
「結婚したいのかしたくないのか、どっちなんだよ、はっきりしろ!」と
言いたくなりませんか?
それに、そんな曖昧な言われ方で「Yes!」なんて、言えません。
ようするに「結婚しよう!」と言ってしまえる自信もなければ
「結婚できません!」と言える覚悟もないわけで
潔くないんですよね。
潔い(いさぎよい)の意味
卑怯な点や未練がましいところがなく立派である。

Webサイトには、こういった「曖昧」な言葉が氾濫しています。
もちろん、あえて曖昧にすることもありますが
AなのBなのどっちなの!? と、訪れる方に思わせてしまうのは
あまりいい表現方法とは、思いません。
曖昧語の代表作は、次の5つではないでしょうか。
1.推進
2.徹底
3.管理
4.維持
5.支援
役場のサイトなんかでは、非常によく見かけますよね。
○○市役所では、今後○○の業務にあたり
○○を徹底して管理し、市民生活の向上支援のため
○○を推進していきます。
みたいな。
だからなに? と思います。
はぁ。それで? とも、思います。
もっと具体的に書いてくれないと、なにをするのかわかりません。
Webサイトを見る人が、判断を迷わないように
誰が読んでも、同じ意味でとらえられるようにすることが大切です。
—今日のツイドク(Twitterに吐いた毒)

「当社は、AAA、BBBB,またCCCC、さらにはDDDなど、
幅広い分野においてグローバルな展開をする未来創造企業です」 
よくありがちだけど、意味がわからない会社紹介の一文。

曖昧語は、できるだけ具体的にしましょう!

シェアする

フォローする