シンプル敬語研究室「お返しのほうが105円のお返しになります」

シェアする

こんにちは。
シンプル敬語研究室 室長のはせがわあゆみです。
またまた、コンビニのレジで聞いてしまいました。
「お返しのほうが105円のお返しになります」
なぜこんなにも、誤った接客トークがはびこるのでしょうか。
まず「お返しのほう」の「ほう」は、不要です。
「ほう」というのは、方角を示したり、いくつかある中のひとつ、という意味合いのときに使います。
例:南のほうです。東のほうです。
例:あそこに並んでいるのより、こっちのほうが好きですね。
次に「お返しになります」の「なります」がNGです。
「なる」とは、成長してなにかに「なる」というときに使います。
例:来年で、20歳になります。
(ですから「こちら、ハンバーグになります」と言われると
 いつか、ハンバーグに成長するのね、と思います。わたしは)
残念ながら、丁寧なつもりで言っている「なります」は、敬語として成立していません。
アナウンサーの方でも、最近多いですね、なりますを使う方。
「こちらは、事件の起きた●●ビルの前になります」とか。
基本「です」でOKで
丁寧にしたいなら「ございます」を、使いましょう。
つまり、「お返しのほうが105円のお返しになります」を、正しい日本語にすると
「お返しが105円のお返しでございます」ですが、
これでは、すんなり理解できないし、わかりにくいです。
一文の中で、言葉が重なっていますし、主語と述語がよじれています。
もっとシンプルに!
105円のお返しです。
105円をお返しします。
お釣りは105円でございます。

シェアする

フォローする