こんにちは。長谷川亜由美です。

仕事上でのメールの役割って、なんだと思いますか?

私が思う、メールで一番大事な役割は

正確な情報を伝達すること

です。

誤解なく、双方が共通認識を持つこと。

つまり、正確な情報を伝えることができないのであれば、メールする必要性すら薄れます。

正確に情報を伝達するには、いくつかのテクニックがありますが、書き手側にできるカンタンな方法のひとつは

用件を箇条書きにする

っていうことでしょうね。

伝えたい気持ちばかりが先走り、長文であれこれディテールを加えながら書くよりも、箇条書きで事実関係を簡潔に書いたほうが、よっぽど正確に伝わります。

正しく誤解なく伝えるためには、感情をとりはらい、事実関係だけを書くこと。

しかも短文で。

なぜなら、感情を交えた長文って、ビジネスにはあまり必要ではないし

わかりにくい文章って、読むだけで脳が拒否しちゃうんですよね。

有名な言葉でいうと、脳がNO! というんです。

「何が書いてあるのか、ちっともわからない!」

と思われるようなメール、やめましょう。

相手の時間もムダに奪いますし、誤解が生じると、その誤解を解くための時間も必要になってしまいます。

仕事ができる人って、メールのやりとりの回数が少ないんですよね。

心当たりのある方は、ぜひ、箇条書きをおためしください。

仕事ができそうな人に見えること、間違いなしです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事